マンションの価値というのは、基本的には購入し、住むことで下がります。地域の開発などで土地の単価が上がって、買った後に不動産としての価値が上昇する例も時折見られますが、それは運が良い時の話で、一般的には中古となる分価値は落ちるものです。

 

ですから後からマンションを売る予定があるのなら、そもそもわざわざ購入せずに、住みたい間だけ家賃を払って借りていた方が損がありません。マンションの購入よりは、マンションを借りるということの方が手続きもずっと楽ですし、一時的ならより高いランクの部屋も選べます。仕事の都合や、近所付き合いなどのトラブルを抱えて引っ越ししなければならなくなった時も、賃貸ならば身軽に次の住まいを探して出ていけます。

 

マンション購入のメリットは、何よりもその安定感にあります。マンションを借りているというだけでは、いくらお金を払っても後に何も残るものはありませんが、購入の場合には部屋そのものが残ります。お金を形あるものに交換するためには、借りるのではなく買わなければなりません。

 

一生住む家とできるくらいに気に入ったのなら、思い切って購入してしまうのが良いでしょう。そもそも売るという前提を持たないのならば、価値が下がろうと関係のない話として切り捨ててしまえます。

 

一生のものとしたいほど気に入ったものは見つからないうちには、まず賃貸にしておいて、マンション暮らしを経験してみてから、後のことを考えましょう。一生住める自信が持てて、一生住みたい部屋が見つかったときに、改めて購入をすればいい話です。

個人的には分譲がおすすめ

賃貸と分譲(購入)はどちらがお得?という論議はよくなされますが、私個人的には「それぞれの人の価値観によって違うから、必ずどちらが絶対得だとは言い切れない」という意見の持ち主です。が、個人的には分譲派です。

 

質問者さんはお子さんがいない、もしくは既に独立されたご夫婦ということで良いのでしょうか?そうであれば、私は絶対分譲のほうがおすすめだと思います。

 

というのは、賃貸のメリットというのは「生活スタイルによって住み替えができる」というのが大きいと思います。例えば子どもが小さいときは1LDK や2LDKで十分でしょうが、お子さんが複数いて大きくなってくるとそれぞれ個室が必要なので(性別にもよりますが)もっと部屋数の多い部屋に引っ越す必要が出てくるでしょうし、お子さんが独立したら部屋が余って無駄になるから、また小さい部屋に引っ越すことができる…など。ですので、夫婦のみで、かつ今後そのエリアから出る必要がないというのであれば分譲のほうが良いと思います。

 

さらにもうひとつ分譲のほうが良い点は、老後の生活が安心であるという点。住宅ローンが早めに終われば老後の生活費はゆとりが出ますが、賃貸となると「一生、必ず毎月支払っていかないといけない」ものなので、その分老後の蓄えが必要になってくるかと思います。

 

あともう1点、分譲(購入)の場合は一般的に住宅ローンの団体信用生命保険に加入するかと思います。これは万一、一家の大黒柱に何かあった場合に保険が下りるのでローンを支払わなくて良くなります。しかし賃貸の場合は永遠に家賃を払わないといけません。この点でも分譲はおすすめできます。