keiyakuuu

 

不動産会社に媒介契約する際の注意事項

 

一般的に不動産を売却する際、売却先を自分自身で見つける事は難しく、その為、不動産会社に売却の手伝いを依頼します。

それが、媒介契約(ばいかいけいやく)です。

 

そして、その媒介契約には3種類の契約内容があり、その内容に応じて、自分にあった契約方法で契約する流れになってきます。

 

専属専任媒介契約(せんぞくばいかいけいやく)

 

まず、専属専任媒介契約。

この専属専任媒介契約とは、売却依頼を行う不動産会社を一社に絞って契約する方法になっています。

 

その為、一社のみしか契約する事ができず、他の不動産会社で売却先を見つけてもらう事は出来ません。

 

ここだけ聞くと、メリットのないように思える契約方法ですが、専属専任媒介契約の場合、専属と言う事で、不動産会社は、最も力を入れて売却先を探してくれるメリットがあります。

その上で、定期的に現状報告も受ける事ができ、安心して任す事ができる契約方法だとも言えるのです。

 

専任媒介契約(せんにんばいかいけいやく)

 

次に専任媒介契約。

この専任媒介契約においても、一社のみの契約になってきます。

 

しかし、この場合は、自分自身で売却先を見つける事も可能。

その為、知人など経由で売却先が見つかった場合は、その人を優先し、売却の手続きを行う事が可能になっています。

 

一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

 

そして、最後が一般媒介契約です。

この一般媒介契約の場合、数社への仲介依頼を行う事が可能です。

 

その為、幅広く売却先を見つける事ができる一方、専属専任媒介契約や専任媒介契約に比べ、不動産会社の力の入れようが少し弱くなってきます。

その為、数うち当たると言った感じになってきます。

また、法令上、途中経過などの報告義務がないため、今現在、どのような状況になっているのか把握する事も難しくなっています。

 

媒介契約には、これら3種類があり、これらのメリット、デメリットを十分に把握した上で、契約する事が大切です。