茨城県の水戸市は日本三大庭園のある偕楽園で有名ですが、古くから歴史と文化で栄えた古都というイメージも強くあります。

特に水戸納豆と水戸黄門は誰でもが知っている水戸市の誇りです。

 

現在の水戸市は県内でもっともたくさんの人が住んでおり、茨城県の県庁所在地でもあります。

大都市であるので生活に必要なインフラはすべてそろっていると言っていいですし、周りは自然に囲まれている環境ですので、水戸市ならどこでも住むには好環境を持っています。

 

水戸市にあって最近発展が著しいのが赤塚駅周辺の地区と言えるでしょう。

赤塚駅周辺は10年くらいの間に急速に開発された街で、そのせいか街には古い建物はあまり目立たず、最近に建てられたとわかる新しい建物が目につく場所です。

 

水戸市の中心地からは少し離れている印象はありますが、あまり離れていない場所を常磐自動車道が通っているので、自動車を移動するのによく使うという人には利便性が高い場所です。

 

逆に言えば、水戸市の中心からは少し距離のある場所ですので、新しい住宅地にも関わらず閑静で家族連れなどが済みやすい場所であるとも言えます。

 

赤塚駅の周辺の特徴は新しく開発された町ですので、生活に便利な施設がたくさんあるということです。

駅周辺には大型の商業チェーンの施設が立ち並び、水戸市の中心地に出かけなくてもかまわない便利さです。

 

それだけではなく、少し郊外に出れば水戸市らしい自然や歴史に出会えるのも魅力です。