静岡県でもっとも人口がたくさんいる街は、と聞かれればほとんどの人が県庁所在地である静岡市と答えるのでは無いでしょうか。

しかし、事実はそうではありません。

 

静岡市と清水市と合併して政令指定都市となりましたが、静岡市の後で政令指定都市になった浜松市は現在でも静岡市よりも人口が多い都市です。

 

しかし、浜松市は広大な市域を持っているので大都市ではありますが、中心地を少し離れると田舎の雰囲気がある場所でもあります。

その意味のおいては浜松市では住む場所を選ぶことで都会の暮らしと田舎の暮らしが楽しめる場所と言ってもいいのです。

 

都会に便利に暮らしたいという人には浜松駅周辺がいいでしょう。

浜松駅は在来線が2路線通じていますし、東海道新幹線の駅でもあります。

 

その意味では東京や大阪や京都にも行きやすい環境と言えるかもしれません。

静岡県の西部の交通の要所であるので、浜松駅周辺には大きなショッピングモールもデパートもあるので、その点でも便利に生活できることでしょう。

特に浜松駅の北側は非常に治安が良い地域でもあり、住む安い場所という評価が高い場所です。

 

一方で浜松駅の周辺を少し離れると抜群の自然環境に恵まれています。

南側には太平洋、西側には浜名湖、北側には南アルプスと自然に囲まれた環境が広がっています。

 

交通インフラも鉄道では少し劣るかもしれませんが、自動車で生活できる人にとってはそれほどの不便を感じることはないでしょう。

便利で都会的な暮らしがしたい人も静かな田舎暮らしがしたい人も浜松市ならば叶います。