マンションは借りるのか買うのか迷うところです。それぞれのメリットとデメリットを知って検討しましょう。

 

一番気になるのは費用だと思います。賃貸物件を借りるのか分譲マンションを買うのか費用の面で調査した結果があります。その結果、50年間の費用を比較した場合は、どちらも大差ないことがわかりました。ただし50年以上住み続ける場合は、ずっと賃貸費用を支払い続ける方が費用がかかります。

 

一度に支払う金額を考えると、購入の方が負担が大きくなります。購入の場合は最初に頭金として多額の費用がかかりますが、借りる場合は多きな出費は引越し費用以外ありません。
次は環境の面で考えてみましょう。

 

転勤が決まった場合、引越しが必要になることがあります。借りる場合は比較的簡単に引越すことができます。一方購入した場合は、売却するか人に貸すかの方法があります。住宅ローンを返済しながら人に貸すことは難しいので、銀行などとの相談が必要です。また、借りてを探す手間や手続きも必要です。

 

賃貸物件は費用を抑えるために、最新の設備が整っていないことが珍しくありません。しかし、簡単に引越しができるので、古い家に住み続ける必要がありません。一方購入の場合は賃貸物件よりも設備が整っている傾向があります。新しい家もどんどん作られています。しかし、長く住み続けていると次第に設備が古くなります。

 

マンションを借りるか買うか、それぞれこのようなメリットとデメリットがあります。どのような生活を送りたいのか、それにあった方を選ぶとよいでしょう。

 

多くの場合マンションは借りる方がいい

マンション購入にはローン等を組んでもローンを返済し終わるまでの間、金融資産を失うことになります。その代わりに不動産資産を得ます。
マンションを購入してしまうと確かにマンションは不動産としての資産にはなります。しかし、その資産には自分たちだけが住み、不動産という資産からはまったく金融資産を生み出すことはありません。

 

では、どのようにしたらいいのでしょうか。それは、賃貸でマンションを借り、田舎の家を売った資金で資産運用をすれば、賃貸マンションの家賃の足しを得ることはできるかもしれませんが、マンションを購入してしまった場合にはそのようなことはできません。
つまり、少ない資金で資産運用をして効率よく生活をしたい思うのならば、マンションを購入するのではなく、田舎の家を売った資金で資産運用をしつつ、賃貸マンションに住むことが合理的な判断だと思います。

 

ただし、不動産市場が活況ではなく、景気が悪い時にはこの限りではなく、都心の土地もかなり下落するので、そのような時は当然マンション価格も安くなり、マンションを購入してもその後マンションの取引価格が上昇する場合も大いに考えられるので、こういう場合に限ってはマンションを購入したほうが後にマンションを売却するときに思わぬ高値で売却できる場合もあるので、よく考えなくてはならないと思います。

 

また、賃貸マンションはその場所に住み続ける必要がないので、より条件のいい賃貸マンションが見つかればいつでも引っ越せるので、その分マンションを購入して定住するという考えに比べて気持ちが楽だと思います。